工務店選びのポイント

納得のいく新築住宅を手に入れるためには、いい業者を選ぶことが大切です。

 

どはいえ、地域の中でもたくさんの建築業者が存在しているので、

 

  • どの業者がいいのか
  • 工務店とハウスメーカーどちらがいいのか

 

など、業者選びの選び方が分からなかったり、手間を気にして2,3の比較で決めてしまったりする方もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、工務店のメリットやデメリット、いい業者の見極め方、さらには効率的に業者を選ぶ方法をご紹介します。

 

業者選びでお悩みの方、これから家を建てようと思っている方はぜひ参考にしてください。

 

工務店について詳しく知ろう

 

工務店とは小規模で、比較的狭い範囲の地域で様々な住宅関係業務を行っている建築業者のことです。

 

 

主な業務としては、

  • 新築住宅の建設、販売(注文住宅、規格住宅)
  • 建売
  • マンション(内装、外装工事)
  • リフォーム
  • 解体
  • 店舗工事

などがあります。

 

 

ポイントになるのは、どの業務を主として行い、実績を残しているかです。

 

 

同じ工務店でも、

  • リフォームの実績はあっても新築住宅の実績は少ない
  • 複数の業務の実績が同等
  • 新築住宅の実績が豊富で、他は実績が平均的

といったように、業務内容が全く異なります。

 

 

前述であれば、どの工務店に新築住宅を信頼して依頼できるかは一目瞭然ですよね?

 

つまり、「工務店」だからと選ぶのではなく、それぞれの特徴(強みや実績、口コミ)をつかむことが失敗しない工務店選びのスタートになるのです。

 

工務店のメリット・デメリットを知る

 

工務店はハウスメーカーと比べてどのようなメリット、デメリットがあるかについてご紹介します。

 

いい工務店選びの基本となるものが多いため、情報収集や最初の相談のときにも意識するようにしましょう。

 

それでは1つずつご紹介していきます。

 

工務店のメリット

 

実績、評判の信頼度が高い
  • 地元で口コミがよい=地域密着で丁寧な施工、対応が行われている
  • 下請け業者に流している可能性が低い=下請け業者を使うと評判に差が出やすい
  • 仮に流していたとしても一定品質以上を確保するだけの管理体制がしっかりされている
  • メンテナンスなどのアフターサービスの精度も把握できる

 

少人数のスタッフで行っている
  • 担当者の変更が少ない→引継ぎなどによるミスも減り仕事が丁寧
  • スタッフへの教育が細かなところまで行き届いている
  • 社長自ら見積もりや相談を行ってくれる場合も
  • スタートから施工後のアフターサービスまで一括して担当してくれるため話が伝わりやすい

 

要望が取り入れられやすい
  • ハウスメーカーと比べて施工の制約が少ない
  • 構造、工法などは決まっているが要望よって変更できる技術力がある
  • とにかく親身→要望を取り入れようと考えてくれる

 

見積書と料金形態が分かりやすい
  • 「標準仕様」が少ないため、オプションによる追加費用が発生しにくい
  • どこにどれだけの費用が掛かっているかが分かりやすい
  • 見積書の記載内容は詳細かつ丁寧
  • 口頭での説明もあり、納得のいく説明が受けられる

 

同じ条件であればかなり安い
  • ハウスメーカーには広告費、販促費がかかっているが工務店にはそれがないため価格が安い
  • 価格を同じにした場合は素材や設備をワングレード以上高くできる可能性も

 

このように工務店のメリットは顧客1人1人に寄り添い、安くて質の良い施工実績を積み上げることで作られた口コミ、評判の信頼度が高いことです。

 

工務店のデメリット

 

会社の規模が小さい
  • 施工条件、範囲、工法において選択の幅が狭い場合も
  • 繁忙期には対応に時間がかかる場合も
  • 倒産してしまった場合、アフターサービスや保証が受けられない

 

完成後のトラブル
  • 出来栄えがイメージと違う場合も
  • モデルルームを実施していないところが多い
  • 他の業者が主催しているモデルルームに参加をする必要もある
  • アフターサービスの対応が繁忙期だと遅くなる場合も

 

社長次第ですべてが決まる
  • 資金計画、税金対策、流行りのデザインなども社長の知識と顔次第
  • 経験の少ない分野だと他の業者への委託などにより費用が多くかかる場合も

 

情報力不足、技術不足
  • 流行りや人気、最新技術などは大手より情報が少ない場合も
  • 会社規模によるが、情報を持っていても取り入れられない
  • 取り入れられるために業務委託をし、割高になるケースもある

 

業者間での施工技術の差が大きい
  • 施工する職人の差が出やすい
  • 実績や口コミで判断しなければならないため、探すのに手間がかかる

 

評判、口コミの入手がしにくい
  • ネットでの情報が極めて少ない
  • 業者のHPの口コミはいいものしかないので信ぴょう性が低い
  • HPの更新頻度が少ないため最新の評価が分かりづらい
  • ネットで見つけても数年前のものしかないケースも

 

アフターサービスの充実度では劣る
  • ハウスメーカーと比べて期間、内容、条件が厳しい場合が多い
  • 倒産してしまった場合、保証は0と同じになる

 

このように、工務店には会社規模による様々なデメリットがあります。

 

ただし、工務店の中でも会社規模、経営方針が異なっているため当てはまらない工務店があることも事実です。あくまで、「傾向」としてお考え下さい。

 

メリット面が大きく充実しており、デメリットをどのようにカバーリングしているかもいい工務店の判断基準となります。

 

優良工務店に共通している5つのポイント

工務店のメリット、デメリットを把握しながら工務店選びをすることも大切ですが、チェック項目が多く、なかなか大変だと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこでここでは、いい工務店に共通する5つのポイントをご紹介します。

 

工務店選びの際にはこの5つを満たしているかどうかに着目してください。

 

主としている業務が新築住宅の建設

 

規模の小さい工務店は、経営のために複数業務を行っているところがほとんどです。

 

業務内容が多くなればなるほど「柔軟な対応ができる」と考える方もいらっしゃいますが、「新築一本で経営ができていない」ということです。

 

つまり、新築住宅の質は悪くなる場合が多いのです。

 

新築の依頼が少ないということは、技術力が乏しいと言っているのと同義です。

 

例えば、業績もよく、口コミもいい工務店があったとしても、主な業務内容がリフォームにまつわるものであったとすれば、あてにならないですよね。

 

新築住宅とリフォームとでは、求められる技術力は全く異なるのですから。

 

また、新築といっても注文住宅と建売は全く違います。

 

 

そのため、

  • 新築を主としている
  • もしくは新築の比重が高い
  • 注文住宅と建売の比率

これらを考慮して工務店を選ぶことが必要になります。

 

得意分野、理念、こだわりがある

 

いい家づくりのためには、要望を取り込むだけではなく、快適性も重要になります。

 

 

そのために必要になることは、

  • 得意分野が明確
  • 家づくりの理念がはっきりしている
  • こだわりを強く持っている

この3つをすべて満たしていることが最低ラインです。

 

 

  • 他社との違いを明確に言える
  • 発言に説得力がある
  • ダメなものはダメと言える
  • 代替案の提示が的確

これらを営業マンがきちんと説明してくれる工務店は非常に信頼感が高いといえます。

 

 

工務店によって、住みやすさ、見た目、設備、耐久性など重視するポイントが異なるため、その工務店が、どんな理念、信念を持ち、こだわりを持って施工しているかを把握するようにしましょう。

 

代替案が的確で問題点がはっきりわかる

 

マイホームを購入する場合、特に新築や注文住宅であれば、依頼者側が家に対して様々な要望を持っているケースが多いです。

 

そこでポイントになるのは、要望と予算ですよね。

 

豊富な予算を準備できれば別ですが、多くは要望をすべて取り入れると予算オーバーになります。

 

また、要望をすべて取り入れつつ、快適性を損なわず、なおかつ予算内にとどめるというのは至難の業です。

 

これらをバランスよく、依頼者が納得できる形にするためには営業マンの力量が問われるのです。

 

要望に対して「できます!」と即答するような営業マンはとても危険です。

 

ただ要望を取り入れるだけなら素人でもできます。

 

 

プロの視点だと、その要望を取り入れることで、

  • 間取りにムリが生じる
  • 快適性が損なわれる

といったことは把握できるのです。

 

 

しかし、要望に対して「ムリ」というだけでなく、

  • どこをどうすれば大丈夫か
  • すべてはムリだが、こうすれば可能

といったように切り返してくれる営業マンはかなり信頼することができます。

 

 

つまり、できないものはできない、取り入れたことによる問題を明確に伝えてくれ、さらにどうすれば可能か代替案を的確に提示してくれる営業マンかどうかを見極めるポイントにすることが必要なのです。

 

そのためには、ちょっと無謀な要望をぶつけてみるのもいいでしょう。

 

家づくりにプライドを持っているかどうかも見極められるため、とても重要なポイントであるといえます。

 

自社完結している

 

設計から施工までを自社で完結できる工務店の信頼度は非常に高いです。

 

やはり、すべての工程を一貫して行える分、ミスや失敗も少なくなりますし、コストも抑えられます。

 

 

逆に、工務店として新築住宅を受注していても、

  • 設計は別の設計事務所に委託
  • 施工は複数の下請け業者

という形をとる工務店もあります。

 

 

別の業者に仕事を回すことで、期間も長くなりますし、人件費も多くかかります。

 

また、下請け業者の腕によって、品質に問題が生じる場合もあります。

 

このような体系を取っている場合、要望と違う、イメージと違うといったトラブルに発展する恐れが高くなります。

 

コスト、品質の両面から考えても、自社完結できる工務店は非常に優秀であるといえます。

 

アフターサービスが充実している

 

アフターサービスの充実している工務店は、

  • 軽い修繕は無料
  • メンテナンスが定期的で内容が明確
  • 保証期間外でも修繕費が安い

といったサービスを行っています。

 

 

これらは打ち合わせのときや契約時に伝えてくれますし、口コミや評判でも得られます。

 

 

保証期間は10年が一般的ですが場合によっては15年、20年と長期にわたるケースもあります。そのため、

  • 修理費
  • 軽い修繕の場合の費用
  • 保証期間

の3点をきちんと比較するようにしましょう。

 

工務店選びで失敗しない方法

 

工務店選びのポイントをご紹介してきましたが、自力でいい工務店を見つけることはとても難しいです。

 

無数の業者の中から、理想の1社を見つけるのは骨の折れる作業です。

 

情報収集だけでも大変ですが、その情報が正しいか間違っているかの見極めもしなければなりません。

 

営業マンで比較をするためには、実際に会って話をする必要があるため、効率的ではありません。

 

そこでとても便利なサービスが「業者一括比較サービス」です。

 

この比較サービスは、その地域で国家基準を満たしていると認定を受けた優良業者のみが登録されています。

 

そんな選りすぐりの優良業者が依頼者の希望に合った間取り図、土地情報、資金計画書を作成してくれるのです。

 

いい工務店探しは複数業者の比較が絶対です。スピードも情報量も全然違うので、とってもおすすめですよー。